採用情報

神奈川・横浜のタクシーの求人情報

お問い合せはkmキャリア・ステーション

0120-03-5931

平日午前8時〜午後6時
お問い合わせフォーム
社長の人柄に惹かれたタクシードライバーが、入社して驚いた2つのこととは?
沼澤 康信(ヌマザワ・ヤスノブ)。国際自動車株式会社(横浜)本社営業所所属。2015年4月20日キャリア(中途)入社。趣味は野球で、営業所の野球部に所属しており、監督を務めている。(取材日:2016年7月15日)

沼澤さんは、どうして国際自動車(横浜)に入社したんですか?

前職は、自然食品やサプリメントを販売する会社で営業をしていたのですが、会社の経営が傾いてしまい退職しました。40代での再就職先探しには苦労しました。そこで「タクシードライバー」という選択肢に行き着きいたんです。

そうだったんですね。運転はもともとお好きなんですか?

いえ、むしろあまり得意ではありません。地理に関しても方向音痴ですし。

運転が苦手なのにタクシードライバーになられたとは、沼澤さんチャレンジャーですね!

人生1回きりですし、何事も挑戦だと思いまして。苦手を克服出来たら自信になるかな、と考えたんです。
でも、国際自動車(横浜)へ入社した一番の理由は原社長ですね。

原社長ですか?

はい。原社長の人柄に惹かれました。 私の面接を担当してくださったのが原社長だったんですが、その時は社長だと存じあげなかったんです(笑)。1時間半くらい国際自動車(横浜)について熱弁されていて「すごく熱い人事の方だな〜」と感動していました。

社長を人事の人だと思っていたんですね(笑)。

はい(笑)。私の話をひとしきり興味深そうに聞いてくださいました。あまりに熱心なので、「こんなに親身になってくださるなんてありがたいな」と思っていたほどです。最後に「申し遅れました」と名刺をいただいたときに、「社長さんなんですか!?」と驚いたのを今でも覚えています。

一人ひとり丁寧に向き合う原社長の人柄に惹かれたんですね。

はい。「社員一人ひとりを知りたい」と現場を大事にする姿勢が素敵だなと思いました。これだけの人数が在籍しているのですから、名前を覚えるだけでも大変だと思います。それでも、一人ひとりとコミュニケーションをとって、社員それぞれが「どんなバックグラウンドを持っているのか」「どんな思いで働いているのか」理解してくれるなんてとても良い会社だなと思って入社しました。

入社されてみて、いかがでしたか?

正直、入社するまではタクシー業界に勝手なイメージを持っていたのですが、一変しました。

正直、入社するまではタクシー業界に勝手なイメージを持っていたのですが、一変しました。

タクシードライバーは無愛想で怖い人が多いとか、ご年配の方が多いんだろうなと思っていました。
でも、実際は全然違いました。みなさん明るくて優しい方ばかりなんですよ。心配なことは先輩に相談すれば、的確なアドバイスをくださいます。はじめは慣れないことばかりで不安でしたが先輩たちがすごく前向きな言葉をかけてくれるんですよ。とてもアットホームな営業所です。
若い人も女性もたくさん活躍されていて、びっくりしました。

国際自動車は毎年100名以上の新卒ドライバーが入社していますもんね。

入社後、東京の赤坂で研修があったのですが、その時に新卒のドライバーたちと研修が一緒でした。その数を目の当たりにして、圧倒されましたね。
こんなに若い人がたくさん入社する会社なんだ!って、この会社に入社できたことを誇りに思いました。私は横浜の所属ですが東京でもたくさんのkmタクシーが走っていて、本当にかっこよかったですね。

確かに、若い人たちが集まる会社というのは、それだけ魅力があるということですよね。

とはいえ、おじさんたちも負けてはいませんよ(笑)!みなさんすごくパワフルで熱血なんです。仕事ですから、もちろん良い事も悪いこともあります。ですが「疲れたね」「かったるいね」なんてネガティブなことを言う人はいません。みんなで目標に向かって頑張る、この一体感がすごく好きです。

沼澤さんの国際自動車と仲間に対する思いが伝わってきます!方向音痴って仰っていましたが、タクシードライバーのお仕事はどうですか?

タクシードライバーという仕事に対するイメージも一変したんです。入社前は、「自分が地理に弱いからお客さまにお叱りを受けないかな」「怖いお客さまが多いのかな」と不安でした。

実際は、違ったんですね。

はい。地理に関しては営業所の先輩たちが熱心に教えて下さいますし、お客さまも優しい方ばかりです。
初乗務の日、班長に「今日が初出勤なんですけど、怖くてしょうがないです」と話したら「大丈夫だよ!お客さまは皆さんお優しいから、安全運転で楽しんできな」と励ましてくださいました。

では、初乗務は安全運転で楽しめたんですね!

いえ、やっぱり初乗務は緊張でいっぱいで、正直「お客さま、手を挙げないで」と思っていました(笑)。営業収入(売上)も思うように上がらなかったので、班長に怒られたらどうしよう?と心配しながら帰庫しました。すると班長は「疲れた顔してるね〜、緊張しちゃったの?」と笑い飛ばしてくれたんです。あたたかく迎えてくれて、先輩たちの優しさに感謝しながら「これから頑張るぞ!」と誓いました。

本当にアットホームな営業所なんですね。

はい。原社長も、私たちに対していつも立ち止まって頭下げて「お疲れ様」って言ってくださいます。タクシードライバーは乗務中は一人なので、メンタル管理が重要なんです。どんな気分で出庫するかがその日の営業を左右することもあるので、社長が気分よく送り出してくれるのはすごく支えになります。

素敵な社長ですね。タクシードライバーになって1年が経過しましたが、お仕事はどうですか?

想像していた以上に、タクシーを必要としている方が多くやりがいのある仕事だと感じています。
本社営業所周辺は坂が多いのにバスの本数が少ないので、タクシーを移動手段として使う方がたくさんいらっしゃるんですよ。お客さまに「助かったよ、ありがとう」「また会えたらいいわね」などとお声がけいただけることがとても嬉しいです。

お客さまから「必要とされている」と感じられることはやりがいを感じますよね。

国際自動車のタクシーを選んで乗ってくださるお客さまはとても多いです。先日もご高齢の女性のお客さまから「私は每日タクシーを利用しているけど、kmさんが一番好きだわ」という言葉をいただきました。また、ご夫婦のお客さまからは「私たちは、kmさんのタクシーにしか乗らないのよ」と言っていただきました。国際自動車には、たくさんのファンがいるんだなと日々実感しています。

国際自動車が選ばれる理由は、なんなのでしょうか?

ドライバーの接客レベルの高さだと思います。お客さまからは「国際自動車のドライバーさんは言葉遣いがいい」とか「挨拶どころか返事もしないタクシーに乗ったことがあるけど、kmは絶対にそんなことがない」と評判です。教育体制や研修が充実しているからでしょうね。

沼澤さんが接客において心がけていることはありますか?

第一印象です。研修で「出会いの30秒が大事」と教えていただいたのですが、私はお客さまをお乗せしてからの最初の2秒を大切にしています。

2秒ですか!?

そうです。最初の挨拶が、その後のお客さまとの時間がどんな風になるか決めるので、私は出会いの一瞬を大事にしているんです。
もちろん、挨拶が終わったあとも細部に渡り心配りを積み重ねられるよう常に意識しています。ご降車の際に「本日はご利用いただきありがとうございました。よい1日を!」と感謝を伝えることも忘れません。
精一杯私なりにできるホスピタリティを提供して、お客さまから感謝の言葉をいただけたときは「う〜、楽しい!よかった!」と嬉しく思います。本当にやりがいのある仕事です。

沼澤さんは本当にタクシードライバーというお仕事を楽しまれているのですね。

「国際自動車のタクシーに乗ったら、素晴らしい運転手さんだった」と思ってもらえることを目標にしています。先輩たちが積み上げてきたkmブランドに貢献できるように、私も次に繋がる仕事をしたいんです。右も左も分からないところから始めた仕事ですが、1年たってようやく慣れてきました。いつもお世話になっている先輩たちから「立派なタクシードライバーになったね!」と言われるように頑張りたいと思います。

国際自動車(横浜)の
社員の声

会社説明会 個別面接
電話でのお問い合わせ・ご相談はkmキャリアステーション
ページトップに戻る